FC2ブログ

相知~くすり屋店長の健康通信、日々研鑽

佐賀県唐津市相知町の薬屋「三芳薬品」の店長ブログです。 健康や薬のこと、運動のこと、趣味のこと、日々の出来事、地域情報などを 発信していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日2月22日(日曜日)、博多まで、当店取り扱いの牡蠣肉エキス、ワタナベオイスターのセミナー(勉強会)に行ってきました。
九州・中四国の、ワタナベオイスター取り扱いの薬局薬店の方が多数、熱心に勉強会に参加しました。

いつも、冒頭の渡辺社長の挨拶では、企業理念の話がありますが、
「人間性豊かな健康文化の創造で人々の幸せに貢献します」と、今回もまったくポリシーはブレていませんでした。
ただ売れればいいという会社とは付き合う気はありませんので、安心しました。
健康づくりの目的の役に立つことが我々一般薬屋の使命であることを再確認いたしました。
そのためには、まだまだ勉強不足なので、今回もしっかり5時間眠気に負けず勉強してきました。
日々研鑽です。

今回は3つテーマがあって、1つめは、石川県の薬局の先生の糖尿病の方への栄養補給の話
2つめは、博士でもある渡辺社長の、オイスターの眼精疲労の軽減作用について。
3つめは、うつ状態に対する亜鉛補充効果についてでした。

今回は、1つめの「糖尿病の方への栄養補給の話」を簡単にします。
ワタナベオースターに含まれる亜鉛・セレン・クロムなどのミネラルが、血糖低下作用があることは、前からわかっていることでしたので、今回はおさらい的な勉強かな?と思っていましたが、更に突っ込んだ勉強をしてきました。

石川県の薬局の先生が講師だったんですが、ここでは、オイスターの使用目的を特に糖尿病の方の栄養補給に使って大変いい結果が出ているとのことでした。
まず糖尿病の方には、①食べ過ぎて太って糖尿になった人②食べていないのに糖尿病になった人の2タイプがあります。
糖尿病の患者さんの、BMI(肥満度)の数値を計ったそうですが、25以上の人と22以下の人に約半分ずつに分かれたそうです。(患者さん平均24ぐらい)
ようするに太っている人痩せている人に糖尿病の患者さんが多いということです。

①の太って糖尿になった人は、カロリー摂取過剰ということで、肥満を解消することが第一。 
  間食を減らすことなど、摂取量を減らすことがまず大事です。
②は、カロリー消費力不足なので、消費力を改善することです。
  亜鉛をはじめとしたミネラルの補給(オイスターの補給)で、大切な栄養素が尿から大量排泄される『ざる』状態を改善することが大事です。

糖尿病にたいするワタナベオイスターの仕事
インシュリン他、体の原料。
エネルギー代謝改善(+抗酸化対策)
肝臓の修復機能改善
貧血の改善
ワタナベオイスター300粒  ワタナベオイスター6粒X30袋

糖尿病は、一生治らないと諦めている方が多いようですが、正しい食事療法、運動療法、行動療法とサプリメント療法で改善することは可能です。

日本人の平均寿命は、男性78.4歳、女性は85,3歳ですが、
健康寿命は、男性72.3歳、女性77.3歳だそうです。
(健康寿命=病院や自宅でのベッドに寝たきりでない)
やはり、いつまでもより美しく、より健康に、より楽しみたいのは、人としての願望でもあります。
そのために、早いうちからのセルフケアー(自己管理)が必要ですね。

少しでもお役に立てたらと思っています。お気軽にご相談ください。





スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenkomiyoshi.blog26.fc2.com/tb.php/27-9d9cfc33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。