FC2ブログ

相知~くすり屋店長の健康通信、日々研鑽

佐賀県唐津市相知町の薬屋「三芳薬品」の店長ブログです。 健康や薬のこと、運動のこと、趣味のこと、日々の出来事、地域情報などを 発信していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、佐賀県唐津市相知町の薬屋、三芳薬品です。
今日は、店頭でお客様がよく勘違いされている、薬をのむタイミングについてです。

「食後」とは、食事後30分のこと。
よく薬を食時直後にのまれる人がいますが、胃で食べ物と薬が混ざり、小腸に送られてしまいますので、胃で吸収されるようにつくられた薬が胃で吸収されないことになります。
食事を終えた30分後なら消化のために分泌された胃酸の量も少なくなっているので、薬は吸収されやすいです。

「食前」に飲む薬は食べる30分くらい前にのむ。
食前に飲む薬は吐き気止めや食欲増進剤などがあります。
食事の直前に飲むのは、食事中に薬をのむのと同じになりますので、「食前」のお薬は、食事の30分前にのみましょう。また、胃が弱い人は、多めの白湯でのむようにするといいです。

「食間」とは食事終了2時間のこと。
食間といわれて、食事中にのむ人がいたという笑い話がありますが、意外そんな人が多いのかもしれません。
漢方薬は食間にのむ薬の代表ですね。
食間は、胃が休んでいる胃酸の分泌の少ない時間帯の食後2時間が目安です。
食事と食事の間と考えていると、のむタイミングが難しく、のみ忘れたりしますよね。
食間は、食後2時間と覚えておいてください。

また、夜ふかしの人でも「就寝前」の薬は、夜の9時から10時を目安にのんでください。

いずれにせよ、規則正しい食事時間を守らないと、胃酸や胃液の正常な分泌させることができず、薬の効き目にも影響してきます。
規則正しい食事をはじめとした規則正しい生活が大切ですね。


参考文献:平石貴久著「医者以前の健康の常識」



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenkomiyoshi.blog26.fc2.com/tb.php/28-43069bda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。