FC2ブログ

相知~くすり屋店長の健康通信、日々研鑽

佐賀県唐津市相知町の薬屋「三芳薬品」の店長ブログです。 健康や薬のこと、運動のこと、趣味のこと、日々の出来事、地域情報などを 発信していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つつじ2

最近、耳鳴りの相談のお客様が続きました。
耳鳴りには、通常マスコミ品のナリピタンや漢方のジメイ丸、補助として脳のサプリメント「新ノーゲン」などをおすすめしていますが、今回は漢方薬の事を書いてみたいと思います。

耳鳴りがする
からだの雑音が聞こえてくる
音源はないはずなのに、音が聞こえてくるのが耳鳴りです。健康な人でも、防音室に入るとなんらかの音が聞こえてくるし、敏感な人になると、周囲が寝静まったあとに、感じることもあります。
これは、耳という器官がきわめて敏感にできているため、血管の中を血液が流れる音とか、筋肉や関節の動きの音など、からだの内部の雑音をキャッチしてしまうからです。
このほかにも、強く鼻をかんだあとや、飛行機が上昇・下降するとき(爆音とは別に)に、耳鳴りをおぼえることもあります。これらは、血圧の変化を耳がキャッチしたのです。いずれにせよ、こうした症状は生理反応で、問題はありません。

〔考えられる病気〕
ところが昼間、周囲がにぎやかなのにもかかわらず、音が聞こえてくるというのが、病的な耳鳴りです。耳は脳の血管に近いため、その異常を比較的早く察知します。
たとえば、高血圧症・糖尿病・動脈硬化などの可能性もあるので、早めに医師(耳鼻科か内科)の診察を受けるべきです。そのほかにも、更年期障害・メニエル症候群・貧血症・偏頭痛などでも耳鳴りを感じるし、いわゆるストマイつぼといって、結核性の病気でストレプトマイシン(抗生物質の一種)を使ったとき、人によっては耳鳴りを感じます。
なお、耳鳴りは人さまざまで、ジンジン、ジージーと表現する人もいれば、カンカン、ガンガン、キーン、ゴロゴロ・・・・・・という人もいる。

漢方・・・・・耳鳴り患者はへそから下に力がない
現代医学では、診察の結果、どこにも異常は見当たらないといわれることがあります。いわゆる半健康な状態なのですが、耳鳴りにはめまいをともなうことが多く、ほおっておくわけにはいけません。こんあときこそ、漢方の出番です。
漢方では、耳鳴(ジメイ)は腎虚(ジンキョ)<へそから下に力がないことをいう)・鬱火(ウッカ)<精神的ストレス>・風熱<インフルエンザなど>によるものとされており、肝腎との関係を重視します。

リョウ桂ジュツ甘湯(リョウケイジュツカントウ)
胃が弱く、神経質で、立ち上がったときにめまいをともなう人に一般的に用います。
ブクリョウ飲(ブクリョウイン)
胃下垂、胃アトニーの人に用いる。
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
貧血ぎみで、手足が冷えやすく、尿のでが悪い女性で、耳鳴りするものに。
三黄シャ心湯(サンオウウシャシントウ)
比較的体力があり、のぼせ気味で顔が赤く、便秘傾向で興奮しやすい人に。
大柴胡湯(ダイサイコトウ)
体格はがっしりしているが、胸やわき腹に圧迫感があって、血圧が高く、便秘する人に。
大柴胡湯去大黄(ダイサイコキョダイオウ)
上の症状で、便秘しない人に。
柴胡竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
神経質で、不眠・めまいをともない、腹部に動悸が感じられる人によい。
柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
上のような症状で、便秘がなく、やや貧血ぎみの人に起こる耳鳴りに。
八味丸(ハチミガン)
腰から下に力が入らなかったり、冷えやすく、腰痛や、のどが渇く傾向がある人によい。慢性胃炎にも用いる。
六味地黄丸(ロクミジオウガン)
性的虚弱で耳鳴りを訴え根気なきものに。

民間療法としての食品
豆乳を毎日2合ずつ飲用するよいです。ただし下痢する人は、1合までにする。

以上、タキザワ漢方廠発刊の、「症状別・体質別漢方薬早わかり」より抜粋。

耳鳴りは、大きく分けて、耳周囲の異常・顎関節症・血管の異常など他覚的なものと、体質的な耳鳴りに分けられます。
体質的なものは、漢方で治すといいですが、体質によってたくさんの漢方薬を使い分けます。
また、血流をよくするサプリメントなどと併用したりするとより効果的です。

以上、お読みいただいて有難うございました。


スポンサーサイト

花やしきさんへ

どういたしまして。
耳鳴りやめまいは、原因そのものを見つけるのも難しいです。
ストレスは特に大敵です。気長に疾患と付き合うという気持ちでいられると、治りも早いと思います。

2009.04.17 19:46 URL | 三芳薬品(ミヨシヤクヒン) #- [ 編集 ]

お疲れ様です。
毎度ながら詳細なレポートに感嘆しております。
私の場合、耳鼻科通院~漢方~運動~ツボ押しなど、一通り経てきて未だ直らずですから気長に付き合おうかと思う部分もあります。

余り気にし過ぎるのもストレスだし、ほったらかしも良くないでしょうし、バランスよく付き合おうかと思います。

有難うございました!

2009.04.17 17:11 URL | 花やしき #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenkomiyoshi.blog26.fc2.com/tb.php/57-28673d6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。